TOP-image

京都の地名「洛北、洛東、洛南、洛西」とは

京都の事を洛陽という

 よく京都の観光地のサイトを見ますと、京都の北側を洛北(らくほく)なんて表記してますよね。また、西は洛西(らくさい)、東は洛東(らくとう)、南は洛南(らくなん)、そんな書き方をよく目にします。

 洛○という言葉は、京都中心部を中心に各方角を指した言葉なのですが、「洛」という字が京都(中心部)の事を表しています。中国王朝の首都にちなみ、京都の事を「洛陽」と呼んでいたそうで、そこから「洛」の一文字で京都を意味するようになり、京都中心部を洛中、そしてその北は洛北、南は洛南、京都に行くことを上洛するなどといった言葉が生まれたといいます。

 現在の京都で日常的に使われている言葉ではなく、その明確な境界線もない為、だいたいの意味合いで使われる事がほとんどです。また、学校名で使われる事が多いので、単に洛○というと高校を連想する方がおおいでしょう。

洛中

 北は北大路、西は西大路、南は九条、東は鴨川、もしくは旧お土居に囲まれたエリアを洛中といいます。昔も変わらず今も京都の中心地はこの洛中と呼ばれるエリアです。そしてこのエリアに住む人にとってここから外を洛外と言い、いまだに年寄りの中には「洛外」を差別する脳内が化石のようなババアも実際に存在します。

洛北

 洛北のエリアは北大路通りより北の紫野、上賀茂、下賀茂、松ヶ崎、修学院などを指します。単に洛北というと洛北高校を連想する方が多いかもしれません。

洛東

 洛東は鴨川より東、九条より北のエリアを指します。また、鴨川より東で東山より西は東山、洛東は洛東自動車教習所や洛東高校のある山科を連想する方が多いので、京都というイメージがない方も多いはず。

洛西

 洛西は西大路通りより西を指します。右京区(京北を除く)や西京区、向日市、長岡京市を指します。北は金閣寺から南は長岡まで広い範囲を指しますが、右京区はそれぞれ嵯峨や西京極(運動公園らへん)、西京区は桂などといった言い方がされるので、洛西ニュータウン周辺を洛西というイメージを持つ人が多いです。数十年前までは田畑だらけで、近年住宅街として発達したエリアなので、京都=田舎と思ってる人が多い。

洛南

 洛南は九条通より南、伏見周辺までを指します。バスケで有名な洛南高校や西大路十条にある洛南イオンなどで知られています。洛南というとイメージが悪いというか、桃山以外はあんまりいい印象はない。

まとめ

 基本的には高校名などの固有名詞として残ってる場所を連想する方がほとんどでしょう。日常会話で本来の意味での洛○という言葉はほぼ使わる事はありません。路面電車が残っていたころは西大路、九条、北大路と周囲を囲っていたので、まだ認識があったそうですが、路面電車の廃止後から徐々に認識が薄くなっていったそうです。


HOME 旅行記 洛中、洛外


古都コトきょーとの管理人について
tamura
平成3年生まれ、京都に住むアウトドア好き。趣味は 登山/夜景/旅/スキー/キャンプ/Urbex など。Olympusユーザー。インコなど鳥が大好き。夜景山岳会所属。好奇心が強く、わくわくする所が好きです✨

メールフォームプロフィールを詳しく





古都コトきょーと