古都コトイメージSmart
2021.04.12

蛇谷ヶ峰(比良山地) - 琵琶湖北部が一望できる比良最北の山

レジャー概要

蛇谷ヶ峰
標高 903m
天気 晴れ
登山口 晴れ
Map Click!

比良山地最北の主峰。琵琶湖北部一望の展望の山

こんにちは!たむです!

今回は、足慣らしの為に蛇谷ヶ峰に行ってきました。

というのも、来週は友人の権蔵さんに誘われ、静岡の巨木を見に行く予定なのですが、よく考えたら今年に入ってから登山行ってない…。

たるみ切った身体に、山の感覚を取り戻させる為に、ほどよい山にしました!

上の画像は、161(湖西バイパス)から比良南部を眺めた様子。動画の冒頭で喋っていますが、ガスがかかっていてゲゲっ!と思いましたが、霊仙山、権現山はピークが視認できて、ホッケ山あたりから分からないので、1000mくらいからガスっているようです。今回行く蛇谷ヶ峰は903mなので、大丈夫だったらいいな?!

朽木スキー場の駐車場(積雪ない時は登山者用駐車場)に到着。

やっぱりこの辺りは雲がないみたい!よかった~。

ここから蛇へ登るコースは土日でも人が少なく、ゆったり登れます。

登りはじめのスキー場事務所あたりに桜が咲いていました。

京都市内ではとうに散ってしまっているので、再び桜が見れました。なんだろうこのお得感?ラッキー。

春先の心地よい空気を吸いながら歩く。あまり吸い過ぎると花粉症なので注意。

あっという間に山頂に到着。50分くらいかな?

903m、比良山地最北の主峰です。二等三角点「蛇谷ヶ峰」がおかれています。

Lightroomでかすみ除去しているので、写真では見やすくしていますが、この日は天気が良すぎて霞んでいました。

天気って良ければ遠くまで見える訳じゃなくて、空気の住み具合と天気の良さは別物なのが難しい所。春なので花粉とか黄砂の影響があるのかもしれませんね。

朽木方面。朽木グリーンパークから登るコースがバスもあるので一般的なようです。

僕も、2014年に比良縦走(蛇ー権現)した時は、グリーンパークから登りましたが、階段だらけだった記憶があります^^;。

感想・まとめ

久々の登山で気分がすっきりしました!やっぱり歩けばすっきりしますね~。Youtube撮影しながらだったので、落ち着いて登れませんでしたが、慣れだと思います^^

どうやって視聴者にみせようか?何をみせたいのか?そういうのをもう少し考えながら、山に登りたくなるような、山に登っている気持ちになれるような、そんな動画を目指して頑張って作っていきたいと思います!

撮影機材は「GoPro9 Black」と、「Xaomi Fimi palm2」の二つを使用しています。画質はFimi palm2の方が繊細ですが、GoProカラーは非常に鮮やかで、作られた感じの色ですがとても見やすいと感じました。

音声の入り方、色合いはGoPro、画質や扱いやすさはFimi palm2といった感じです。少し不便ですがGoProで撮影したくなりますね。

GoProの水平維持は最強で、これすごいな…とは思いましたが、やっぱり物理ジンバルが備わるFimiPalmの扱いやすさにはかないませんね。

Fimi Palm2はまだ改善の余地ありありと言った感じで、王道のOzmo Pocket2を買っておけばよかったかな?とも思っています笑 安物買いのなんちゃらってやつです^^;


山と終末旅の管理人について
たむ - tamura -
平成3年生まれ、京都に住んでいます。登山や、夜景、人の少ない観光地へ行って、現実から逃げ、非日常的な体験をする事が好きです。

Youtube CHメールフォームプロフィール




山と終末旅

  • 夜景
  • 登山記録
  • 旅行
  • 珍スポット
  • 廃墟