TOP-image

京都三大「山」夜景

京都三大「山」夜景とは

古都コトきょーと管理人が京都の夜景スポット約80カ所アクセスした経験を生かし、その中で特に皆さまにおすすめしたい夜景スポットをご紹介させていただきます。あくまで当サイトの独断の選定です。

選定基準は、

・「京都府に位置する山である事
・「ある程度の標高があり、展望が特に良好である事。
・「夏場、草木の成長により展望が遮られない事
・「比較的登山が安易であり、登山道がある事
・「京都の特徴ある展望である事
・「夜間の登山が禁止されていない事

の6つを判定基準に定め、選定させていただきました。


その1:大文字山 -だいもんじやま-



色々見てきましたが、京都最大の夜景といえばココです。僕が夜景魂に火を灯したのがここで、これ以上の夜景を求め山を歩きまわりましたが結局府内でこれ以上の夜景は見つかりませんでした。

火床から見る京都一のド迫力夜景、山頂から見る高度感のある夜景。京都の夜景の良さを詰め合わせたような山で、一番京都の夜景の素晴らしさを感じる事の出来るスポット。

週末になるとトワイライト・夜景を見ようと夜間登山をする人もおり、知る人ぞ知る京都の最強夜景スポット。

大文字山の夜景紹介ページ


その2:音羽山 -おとわやま-



京都の特徴夜景代表は音羽山。当たり前ですがネットにここの夜景の情報が乗ってなかった頃、京都の夜景ハンターひでぶ~さん(僕がサイト作る上で影響を受けた方)との共同開拓でこの夜景をWebに送り出しました。

見どころはなんといっても山科盆地の地形と東山を挟み奥に京都市街地が見えるという特殊な展望です。京都夜景はほとんどが京都市街地をどっかの山からというものですが、山科と京都を一体となって見れる所はここしかありません。

また、全体的に三角構図となっており写真で撮影しても魅力が伝わります。他にも京都東IC付近のオレンジの光や、写真では伝わりませんが意外とパノラマ度が高く、街までの距離が近いので迫力があります。

音羽山紹介ページ


その3:小塩山 -おしおやま-



京都西山から眺める大迫力夜景はなんといってもここです。小塩山山頂には淳和天皇陵があり、京都府道141号小塩山大原野線が通っている。昔はここも夜景スポットとして知られていたが、不法投棄などが相次ぎ10年ほど前に車両通行止めとなってしまった。

車両通行止めという事で歩いて夜景を見にいきました。長らく通行止めで整備されていなかったにも関わらず、現在もなお西山一の展望をほこっています。

大文字や音羽山より南に位置しておりますので、京都駅南部の夜景を主に眺める事が出来ます。京都は京都市街地より高速、大企業が集中する南部の方が光が強い為、光の量が非常に多いスポットです。眼下は住宅街+団地がある為、光が淡く奥へ広がる光の海までふわ~と広がるのが特徴的です。

見にいくにはほかの二か所同様、ナイトハイクにはなりますが、アスファルトが整備されておりますしライトがあれば初心者でも問題なく見に行く事が出来ます。

小塩山紹介ページ


まとめ



今回の選定は展望地の地名度やデート向きなどはガン無視で、たんに夜景のレベルだけで選んでいるので京都の夜景トップ3はここです。

女性や子供と行くなら京都タワーでも行っておけばいい。一丁、本物の夜景を見に行こうぜという絶景好きな方にはぜひ見てもらいたいです。

夜景が好きといいつつ、車から降りてすぐ展望地、エレベーター降りて絶景、そういうのを見て回ってるような貧弱な男は私は好きではありません。

いや、最高の夜景がそういう場所にあるのであればそれで何の問題もありませんが、そうではないからです。山へ登ればもっと素晴らしい景色がありますし、三大夜景を上回る夜景だってあるのです。

本気で夜景が好きになりたいのなら、ライト片手に夜の山さまよい歩いてみてください。



京都三大夜景を見る


HOME 廃墟探索記 京都三大山夜景


古都コトきょーとの管理人について
tamura
平成3年生まれ、京都在住のアウトドア好き。趣味は登山/夜景/旅/スキー/キャンプ/Web制作など。Olympusユーザー。インコなど鳥が大好き。夜景山岳会所属。美しい所か人の居ない所に出没します。

メールフォームプロフィールを詳しく





古都コトきょーと