TOP-image

深泥池 ~日本最古の池。裏の顔は京都一の心霊スポット~

心霊情報

深泥池
京都市北区
ジャンル:池
恐怖度:★★★☆☆
MAP:京都市北区上賀茂深泥池町

深泥池とはどんな所?


今回は京都のタクシー怪談で有名な深泥池という有名な心霊スポットへ行ってきました。

まず、深泥池の説明をすると堀川をまっすぐ北にいき鴨川にぶつかってすぐの御薗橋西詰交差点をずーっと東にいくとあるふるーい池です。周囲は高山やチンコ山、ケシ山、西山などといった山に囲まれている場所にあり、古いといっても14万年というとんでもなく昔からある池で日本で1~2番を争うほど古い池と言われています。

池は名前の通り泥池となっており何層もの泥が蓄積されていて、池の北側の大半は浮島と呼ばれるコケなどで形成される湿原でできています。

ここがなぜ有名な心霊スポットになったかというと、昔こんな事件がありました。

タクシー怪談とは - ある夜、タクシーが女性を拾い行き先を聞くと「深泥池まで…」。なぜこんな時間に深泥池?と思いつつ、タクシードライバーは車を走らせる。深泥池につき後ろを向くと、女性は消えていた。そしてシートを見るとぐっしょりと濡れた髪の毛があった。その後、警察が周囲を捜索したが女は見つかる事はなかった。

これが新聞にも載った有名なタクシー怪談です。その他、噂をまとめてみました↓

其の一:タクシー怪談
其の二:京都のタクシーは深泥池に限り、客を乗せなくていいらしい。
其の三:近くにあった精神病院の患者が入水自殺をしている。
其の四:女性がいけの縁を歩いている。
其の五:池のふちを歩いていると霊に足をつかまれる。 其の六:池に落ちると何層もの泥が体の動きを不自由にし自力では上がれない。


新しく撮影に行ったので写真の張り替えをしました。至って普通の池ですが日本最古の池らしいです。普通に綺麗ですね。


底なし沼と言われていますが、深くても水深20mだそうです。それでも深いですね…写真は浅瀬です。


ここは50cm。子供用プールといった所でしょうか?


池の南側に奥へと続く道があったので行ってみる事に。


右手は山となっていますが、私有地のようです。また自殺死体の見つかるのもこの奥らへんだとか。


このような道がしばらく続きます。左側は崖のようになっており、落ちたら深泥池に入ってしまいます。苔や水草に足をとられ一人では這い上がれないので気を付けてください。


この先は池に突っ込んでしまうのでここが行き止まりのようです。森へ入って3,4分は奥があります。たしかに不気味な森でした。(後で調べるとこの先も行けるみたいです。チンコ山と高山の間を通り病院の手前まで行けるみたいです。その先は行き止まりみたいです。)


【古い記事】


標高200メートルにこの池は何層も泥が重なっている深い池で底なし沼と言われ恐れられてきましたが、残念ながら最近になって調査により水深20M程度の池である事が分かった。

普通の池に見えますが、この池は14万年も昔からあった、現存する日本最古の池のようです。

標識に奇妙ないたずらが。恐ろしい事に非常に綺麗な人型に掘られている。

夜。携帯カメラなので画質は悪いですが申し訳ございません。

薄暗くてきみが悪いですね。

特に変わった様子はなさそうですが・・・

これが例の病院ですね。たしかにちょっと怖いかも。

病院の反対側をとろうとしたら、なぜか変な写真がとれた・・・。

宝ヶ池へと続く道。

病院の側面。
HOME 心霊TOP 深泥池







古都コトきょーと