TOP-image

ビル・施設内でガラス越しに夜景撮影する方法

よく見る光景…


大阪の咲洲庁舎や京都タワーでよく見かけたのは、せっかくいい感じの一眼レフを持ってきているのに映り込み対策をせず撮影している人が目立ちました。

当人はその場で納得したとしてもかえってPCで見てみるとカメラのモニターでは気づかない小さな映り込み(天井の照明・床の照明・非常口など)があってガッカリしてしまいます。今回はそんなことにならないようにいくつか映り込み対策をお教えします。

ガラスの反射対策


ガラスの反射で写った照明の映り込みなどは主にレンズとガラスの間に夜景以外の余計な光が邪魔している事からおこります。

レンズとガラスの間にある余計な光を排除して撮影する事によって夜景そのものの光を撮影する事が出来ます。

もちろん撮影の際はフラッシュは最大の写りこみ要因となるので、フラッシュ無しの長時間露光で撮影します。

反射防止の器具を使う

忍者レフのような反射防止用の器具が売り出されています。飛行機の窓、ビルの窓などで有効です。ただし、この商品は結構大き目なので有名なビルなどの人の多い展望台では他の方の邪魔になるため使用することができません。

また展望地によっては使用を禁止している所もあるので注意です。

自作で黒幕を作ろう

これが最もお勧めの方法です。ユザワヤなどで黒い布を買って、自分の一眼レフがすっぽり隠れる程度にサイズに合わせ四角く切ります。まぁ面倒くさがりな人はそれだけでもいいのですが、出来れば周りをしっかり縫ってほぐれないようにし、上部左右端に小さめの吸盤をつけてあげましょう。

三脚を構え、黒幕の中で撮影することにより反射しなくなります。ビルの展望台といえど、色々ありましてガラスとレンズの距離が遠くなってしまう場所もありますので、大き目の黒幕を作る事をお勧めします。

※吸盤禁止のビルがあるので注意して下さい。

最終手段:ひと肌脱ごう

もう最後の手段は自分の上着を一枚脱いでそれを使用して下さい。

結構上着って大きいので展望台のさまざまな条件下でも対応してくれます。方法は、三脚でまず構図を決めておきます。その上からカメラに圧がかからないように覆いかぶせます。レリーズがある方はレリーズで、レリーズがない人はタイマー撮影にしてシャッター押したあと、さっと上着をかぶせ対応して下さい。

コツというコツもないですけど、結構不安な撮影方法です。というのもブレとかちょっとした隙間からの映り込みを防ぐのがちょっと大変。ちなみに上着を被せる際には右・上・左はぴっちり隙間のないように窓に貼り付けますが、下は開いていても大丈夫です。冬など窓が冷たくなってるときは手や体の湿気でガラスが曇ってしまうので工夫が必要です。

最終手段といっておきながら、管理人はほとんどこの撮影方法です(笑)。たぶんこの記事読んだ方はなにその撮影法恥ずかしい!という方もおられると思いますが、ビル展望台へ行くとやったはる方結構目にします。

ただ、ビル夜景中心に撮影されている方はさすがに面倒なので専用器具や黒幕を自作することをおすすめします。


構図の端には注意


夜景はカメラの画面やファインダーが暗く、ついついビルの壁が端に入ってしまった…というミスがあります。

こういうのが入ってしまうと写真が台無しになってしまうので(どうしても仕方のない場所はある…)、撮影後は必ず余計なものが入っていないかよくよく注意してみてみましょう。

ガラスの汚れを良くみる


ビルのガラスは定期的に清掃されてるとは言え、古いビルになるほど汚いです。

窓枠に近いほど汚い事が多いので、カメラを固定する際は窓縁よりできるだけ離れた位置で固定できればベストです。また汚れにはムラがあるので自分で汚れが写りにくそうな所を探して移動しながら撮影してみてください。

まとめ

ビル夜景の展望台へ行くと、カメラ持ってる人の方が少数派ですがその中でも実際の所忍者レフのような器具を使ってる人は結構珍しく、ほとんどの方は自作の黒幕か、自分の上着をかぶせたりしてる所を見ます。

ビル夜景は三脚禁止されている所が多く、使用できるスポットでも他に観光客がいたら結構邪魔になります。思いっきり三脚広げて撮影したり、その場にずっと居座ったりなどという迷惑行為は避けましょう。


HOME 廃墟探索記 ガラスごしの夜景撮影


古都コトきょーとの管理人について
tamura
平成3年生まれ、京都在住のアウトドア好き。趣味は登山/夜景/旅/スキー/キャンプ/Web制作など。Olympusユーザー。インコなど鳥が大好き。夜景山岳会所属。美しい所か人の居ない所に出没します。

メールフォームプロフィールを詳しく





古都コトきょーと