TOP-image

西院の由来

「西院」の由来・怖い話

西院の地名は、淳和天皇の後院である「淳和院(西院)」から来ている。その昔、現在の京都西京極付近を流れている天神川は佐井川と呼ばれていました。

その佐井川の河原には平安時代中期、多くの子供が捨てられたり死骸を放置したりという荒れ果てた地であった。空也上人はその事から「西院河原地蔵和讃」を賛歌し、佐井川に地蔵菩薩を刻み供養した。

現在の高山寺にある水子供養地蔵などがそうである。


西院 高山寺の写真


高山寺入口。西院なんて常日頃いつも行ってるのに、全く知りませんでした。交番の裏側・バス停の前にあります。


中は水子地蔵が多く並べられ、ちょっと圧倒されます。


観光客はおらず。


水子地蔵の首元にかけられているものは現在のよだれかけのようなもので、子を亡くした親が自分の子の目印として付けており、地獄の鬼から守るよう願いが込められているという。

西院の地図

HOME 京都心霊TOP 西院の由来







古都コトきょーと