TOP-image

京都・天使突抜の由来

「天使突抜」の由来

下京区の五条通りを挟んだ東中筋通りに、「天使突抜」というなんとも不思議な地名があります。

天使だなんてなんと神秘的でしょう。神の使いの言い伝えのある地なのでしょうか。いい所にある土地なので是非住んでみたいとすら思いますが、この地名は秀吉と京都人との意見の擦れ違いから生まれた地名でした。

天下統一を成し遂げた豊臣秀吉は都市改造計画を打ち出しました。簡単に言うと「上京と下京を御土居と呼ばれる土塁で囲んでしまって、上京と下京をまとめて区画整理もして一つの都市にしてしまえ」という事です。

当時、上京は屋敷の立ち並ぶ富裕の者が集まる地、下京は商業街区であり民衆の町でした。伏見を政治の中心としたかった秀吉は下京側に活気を持ってくる為、また人口の少ない地区に新しく区画を設ける為に上京から下京へ何本かの大きな通りを通しました。おそらくその後、伏見城のある伏見の下町までつなげたかったのでしょう。

そうして作られた上京ー下京間の新たな通りを「突抜」、そこに成立した町を「突抜町」と呼んでいました。

そして、その通りの一つを作る時に、途中にあったのが古くからの神が祭られている由緒ある神社「五条天神宮」でした。義経と弁慶が出会った場所として知られているこの五条天神は天使様とよばれ当時の人々に親しまれていたのですが、道を境内に無理やり通してしまった為「天使様を突き抜けてまで道を作るのか!」と怒り、皮肉の意味を込めて天使突抜と名付けました。

秀吉は現在の愛知県の生まれですから当時京都と何のかかわりもない外界の人間のくせ、死ぬまで京都を大規模にかえってしまった為、非常に京都の人々には嫌われていました。その為、秀吉の邸宅は京都人の恨みによる破壊で現在は跡形も残っていないそうです。

 ちなみに現在の京都人は「よそ者」「よそさん」「ぶぶ漬け」とかいって軽蔑するのはほとんど都市伝説で過去の話です。

話は戻りますが、突抜というのは、下京の天使突抜意外にも沢山残っており、上京区「突抜町(今出川通/下立売通)、社突抜町、大原口突抜町、木下突抜町」、中京区「突抜町(衣棚通/釜座通)、越後突抜町、仁王門突抜町」、下京区「突抜町(正面通)」などがあります。

「天使突抜」の写真


 境内に道が通されたどころではなく、2方マンションに囲まれ、あと2方は民家に囲まれており悲しげにたたずむ五条天神。

 天使突抜2丁目の風景。現在の天使突抜は普通の住宅街。

天使突抜の地図

HOME 京都心霊TOP 京都・天使突抜の由来







古都コトきょーと