千葉県の心霊スポット集

油井グランドホテル/ホテル活魚(千葉県東金市)

 昔、女子高生が拉致され、殺害され遺体を冷蔵庫に遺棄されたという実際の事件の現場となったラブホテルの廃墟。営業時にも殺人事件や放火など色々あり廃業となった。結構人が死んでる建物なので地元では有名な心霊スポットだそうです。少女の霊が出る、黒い男のような影が夜な夜な歩き回っている等の噂が流れている。2階の焦げた部屋で女性の声が聞こえてくるという。心霊番組でもたびたび紹介されている。

恐怖度
星評価
穴場度
星評価
地図

雄蛇ヶ池(千葉県東金市)

 1614年に作られた人造湖。昔、この池付近の村の若者と役人の娘(地主の娘と大工の若者という話も)が恋に落ちた身分の差でその恋は実らなかった。とても悲しんだ娘はこの池で自らの命を絶った。それから女性は大蛇となりこの池に夜この池に住み着いた。夜になると女性のすすり泣く声が聞こえるようなったという。各地に似たような話が残っており、役人が自分の娘を殺したのはその男のせいだといい切り殺し、それに起こった大蛇が村に災いをもたらしたなど。とまぁ、とにかく夜に女性がすすりないてるのである。

恐怖度
星評価
穴場度
星評価
地図

東京湾観音・観音隧道(千葉県)

 観音はすべての戦争被害者の鎮魂のために建てられたもので、東京湾観音にいく途中にある観音隧道はクラクションを3回鳴らすとボンネットに手形がつく、顔が覗き込む、車が揺れるなどと有名である。

恐怖度
星評価
穴場度
星評価
地図

ホテルみほし館(木更津市)

 カフェバー・いけす料理・宴会場・結婚式場が一つになったホテルの廃墟。神棚が残っていたり、日本人形が動いたり泣いたりといった怪奇現象がおきる。テレビでも心霊ホテルとしてこのホテルに潜入している。

恐怖度
星評価
穴場度
星評価
地図

コンコン神社・下飯田稲荷(香取市)

 祟のあるお稲荷さんが祀られているという。連続して鳥居があり、本堂には大小の狐が。神社のヤブの中で自殺、目の前にある池で殺人事件が起きている。鳥居に"悪ふざけで入らないでください。"と紙が一時期はってあった。

恐怖度
星評価
穴場度
星評価
地図

金山ダム(千葉県)

 ダム周辺にいくつかある大小のトンネル、赤い橋。トンネルは薄暗くいかにもという感じで赤い服を着た女性の霊が出る、若いカップルが飛び降り自殺をしたなどいろいろいわくつきのようだ。

恐怖度
星評価
穴場度
星評価
地図

八幡の藪知らず(千葉県)

 この地についで神隠しの場所とうとう、色々な噂があるが、特に明確な根拠がある訳でもなく禁足の地として伝えられてきた場所である。この地に踏み入る事は現代でもタブーとされており、近隣の住民{お年寄り?}も恐れているという。噂についてはWikipediaをはじめ色々なサイトで書かれているので省略。

恐怖度
星評価
穴場度
星評価
地図

流山の飛血山(千葉県)

 市役所の裏、駅の隣という好立地な場所にありながら、山は開発されておらず内部は「立ち入り禁止」となっている。過去ここには関東で有名な処刑場があったといい、数多くの罪人がここで処刑された。それで血が飛ぶ山…となずけられたそうな。市役所も過去には山の一部だったそうで、市役所建築の際には人骨がゴロゴロ出てきたという。

恐怖度
星評価
穴場度
星評価
地図

おせんころがし(千葉県)

 その昔、この辺りの土地を管理している豪農の一家がいた。その家の主人はそうとう強欲な人間であり、村人達から嫌われていた。ある時、理不尽な土地代の要求に怒った村人は豪農のおやじを殺す事にした。その計画を知ったおやじの娘「おせん(お仙)」さんは、おやじがいよいよ殺されるとなった時、筵(むしろ=イグサなどで編んだ簡単な敷物)に包まれたおやじと入れ替わり自分が崖から落とされた。後からそれを知った村人たちは娘を殺してしまった事を悔やみ、地蔵尊を建てて供養した。近年になってからも自殺者が出ており、殺人事件も起こっていて心霊スポットとして知られるようになりました。

恐怖度
星評価
穴場度
星評価
地図

白幡神社(千葉県)

 よく分からないが、生首が飛んでくると有名な所だそうです。かつて処刑場があった場所、殺人事件があったなど色々な噂があるが真相は不明。その不気味さから話が作られ広まっていった可能性もある。

恐怖度
星評価
穴場度
星評価
地図

ホテル江戸城(千葉県佐倉市)

 女子高生がこのホテルで殺害され白骨死体で見つかるという事件が起こり、少女の霊が出ると噂になり心霊スポットとして知られるようになった。その後首つり死体が発見されたり佐倉周辺では有名な心霊スポット。国道沿いですが、藪に隠れて薄暗く不気味。

恐怖度
星評価
穴場度
星評価
地図

地蔵ヶ原(千葉県成田市)

 昔この地の地主がなかなか子を授からず、祠に子を授かるように祈願していたが、それでも授からず起こった地主は祠を破壊してしまった。結果地主は呪われ結局子が生まれる事はなかった。自分が死んだあと家の財産を盗まれるのを危惧し、13の塚を作りそこに財産を埋めた。そして「この塚に手を出すものは七代後まで祟う」という呪いをかけた。その後に13の塚を掘り起こした者が何人も現れたが手をつけた者すべてが何らかの事故・病気により亡くなってしまった。それからは今でも呪われた地と言われ恐れられている。地図はひった塚供養塔の場所。お寺はそのすぐ北東。

恐怖度
星評価
穴場度
星評価
地図

HOME 心霊 千葉の心霊







京都心霊 古都コトきょーと!