TOP-image
2018.04.10

湯原観光劇場 - 華麗で寂然…昭和のストリップ劇場

廃墟の情報

湯原観光劇場
ストリップ劇場跡
場所 岡山県真庭市
建築 ー
廃墟化 ー

湯原観光劇場 - 華麗で寂然…昭和のストリップ劇場

 こんにちは、tamuraです!

 やってきたのは日本屈指の歴史を誇る岡山県の湯原温泉郷。そんな温泉街の片隅にあるストリップ劇場の廃墟にやってきました。

 落ち着いた雰囲気の漂う温泉街に似合わず、非常に派手な外観が目を惹きます。

 昭和40年台頃の最盛期は12件ものストリップ劇場があったそうですが。湯原観光劇場はその中の一つで廃業後、廃墟となり残っています。

 ストリップ劇場といえば茨木で訪れた明野劇場以来ですが、こちらのほうが規模は大きめでした。

 大人の階段の~ぼる~♪

 コンクリートの階段は所々割れてて恐怖でした。

 昭和のラブホのような雰囲気?いかにもバブル期といったような浮かれた内装です。

 カウンター。内部は非常に荒らされています。

 テーブル型のゲーム機がありました。インベーダーゲーム?

 オロナミンCの自動販売機。今も昔も皆大好きオロナミンC。なんでおばあちゃんはいつもオロナミンCをくれるんだろう。

 メインのショールーム。中央の円形台(お立ち台)からズラリと周囲を囲む赤い椅子。

 豪華絢爛といった派手な作りで、花魁の世界観。

 かつてはどんな女性たちが踊ってて、どんな音楽が流れてて、ライトが着けばどんな景色だったんだろう。今ではただ真っ暗で寂しい空間。

 実際に座ってみると、前席からステージまでの距離はとても近く、手を伸ばせば届くほど目の前で女性が踊っていたんですね。

 おたふくのお面とめ組の文字が目立ちます。

 ♪恐怖だね 闇のストリップ劇場 霊が出る 噂走るよ めッ!♪

 ステージから見る客席。所狭しと並べられた赤い椅子は迫力があって、誰も居ないのにちょっと緊張してきました。

 二階に上がり、操作室?の扉に貼られていた女性のヌード写真。

 ワイングラスを手に持って堂々とした姿は圧倒されるが、顔はぱっと見フルハウスのジェシーおいたんにちょっと似てる。

 二階からみた劇場。

 もう一つのステージ。少し小さめですが、こっちのほうがステージと客席の距離は近い。

 なんならステージに肘をつきながら眺める事もできそう笑

 湯原温泉は12件ものストリップ劇場があった事から男性の観光客に人気がある温泉街だったそうです。

 最盛期には120名を超える芸者(ストリッパー?)が居たそうです。

 さぞ華やかな暮らしをしていたのかと思いますが、ストリップ劇場の楽屋裏は非常に地味で、現実的な風景が広がっていました。

 お化粧台と乱雑に散らばった化粧品や衣装。

 レトロなテレビ。

 当時の写真も。アルバムが多く散らばっていました。

 芸者の個室。複数個ありここで寝泊まりしていたのでしょうか、生活感がありました。

 長いこと撮影していて、外に出ると小雨が振っていました。

 僕らの廃墟旅行はいつも晴れてほしい時は晴れて、雨が降ってほしい時は雨が降って来る気がします。

感想・まとめ

tamura
お疲れ様でした~、ストリップ劇場の廃墟は栃木の明野劇場以来でしたね。

つぼ
お疲れ様でした!私は初めてです!

ゴーゴン
お疲れ様でした、明野劇場も良かったけど、コチラのほうが綺麗に残ってて規模も大きくてよかったですね。

tamura
そうですね~、明野劇場はまずボロボロに焼けてましたからね笑
相変わらず、お立ち台の上に立つとちょっとドキッとする笑

ゴーゴン
なにか踊ってくれるのかなって思いましたよ!

tamura
無理無理!逆に見物客として、営業してる所に行ってみたいです!ストリップなんて行った事ないので。

つぼ
昔はよくストリップ劇場ありましたけど、今は営業してる所なんてあるんでしょうか~

tamura
京都にはありますよ!東寺のあたりに。ストリップ未経験なので一度行ってみたいんですけどね~。 生きた昭和の香りを存分に味わってみたいんです。

ゴーゴン
そこも湯原観光みたいに大きいの?

tamura
いや…行ったことないのでわからないですけど…、湯原観光劇場はかなり大きかったですよね。
メインは100~200人くらい収容できそうやし、もう一つサブみたいな会場もあるし

つぼ
とても豪華な作りでしたね~、豪華絢爛!花魁の世界って感じ。

ゴーゴン
豪華さが画になりましたね、お立ち台から広がるむさい椅子たちに圧巻でした!

tamura
華やかな舞台の裏側が質素やったんが、リアリティーありましたね。
営業中は踊り子が住んどったんやろか。

つぼ
生活感がありましたね、服や写真や食器とか

ゴーゴン
ある日突然閉業して人の出入りがなくなったって感じでした。
夜逃げなのかな?

tamura
温泉地自体山奥ですし、観光ブームが終わってから一気に廃れたような感じですよね。
栄えてた時のまま残された娯楽の遺産って感じでした。



古都コトきょーとの管理人について
tamura
平成3年生まれ、京都在住のアウトドア好き。趣味は登山/夜景/旅/スキー/キャンプ/Web制作など。Olympusユーザー。インコなど鳥が大好き。夜景山岳会所属。美しい所か人の居ない所に出没します。

メールフォームプロフィールを詳しく





古都コトきょーと