TOP-image
2015.10.25

白亜の廃校 - 白く塗られた神秘的な教室

白亜の廃校の教室

廃墟の情報

白亜の廃校
廃墟小学校
場所 岡山県
開校 1947
閉校 1949
廃墟化 1959以降

白亜の廃校



犬島とセットで岡山県赤磐市の旧城南中学校という廃校へ行ってきました。

「白亜の廃校」「白い廃校」という通称で知られておりその名の通り教室や廊下、階段までもが全て真っ白世界という変わった廃校です。

ネットで出回っている住所をナビに登録して行ったのですが、それでもちょっと分かりにくく、現地には駐車スペースがないので少し遠くへ車を止め歩いて訪問する事に。

ちなみに門の所には「富○工業株式会社」と書かれており城南中学校ではありません。廃校後、その企業がここを買い取り?白塗りにし何かの用途で使用していたと思われます。


外観はこんな感じで至って普通の学校です。

パっと見、廃校かどうかはわかりませんがよく見ると草木に覆われており廃れた感じが出ています。


入口すぐの階段。

なるほど白いぞ。この階段もなかなかいいのですがうまいこと撮影できない。


白い廊下を歩き…

白い教室に入る。

うぁぁああ!すげーーーー!!

残留物はほぼなく無機質な空間ですが、ここまで白で統一されるとこれはこれでまた素晴らしいものがあります。


ほんまにどこ見てもまっ白です!

神秘的な雰囲気に見とれてしまいます。

白い椅子が置かれていました。これは残留物?ポートレートとかきれいに取れそう。

同行者の権蔵さんの趣味、ベアブリックを撮影させていただきました。廃校という事で人体模型?

いいですなぁ。

西日が差込寂しい雰囲気。

反対側から撮影。

黒板。

うまい感じでツタが伸びている。

二階も白亜の世界。

白で纏われ清潔感があるが、石灰の匂いなのか鼻を突く嫌な匂いが校内にたちこんでいる。

前後に黒板があるのは分かるけど、横にも看板がある。これだけ広い教室でどうやって授業をやっていたんだろう。

ドアも全てしろ。

ドアの先には小部屋が。教材などをおいていたのだろうか?

廃校前は白くはなかったそうだが、誰がどのような理由でこの廃校を白く塗ったんでしょう。

二階の教室は一階と似ているが柱がVの字になっており少し違う。

もう一つの校舎へ向かう。

やはり草木に覆われていてすごい事に。

事務室へ入ってみる。

植物が部屋の中まで伸びていて神秘的な光景でした。

これって2階建てで綺麗ですが木造の校舎なんです。

非常口。

別校舎の教室はごく一般的な感じです。

踊り場。

さて下校の時間です。

感想・まとめ

tamura
散策お疲れ様です~!ここはとてもいい廃校でした~

ゴーゴン
とても良かったですなぁ~、わざわざはるばる来た甲斐がありました。
撮ってて夢中になって、散策中全く会話がない程

tamura
何が良かったですか?

ゴーゴン
白い空間に、緑の葉がアクセントになっていてとても神秘的でした。藤原鉱山を思い出しました。

tamura
白亜といえば藤原鉱山ですね。
でも正直、そんな白亜というほど真っ白ではありませんでしたよね?笑

ゴーゴン
確かに笑
白い事は白いけど、茶色がかってる?というか

tamura
このページの画像をレタッチする時も、掲載画像は白く写ってますけど、大分色落としましたからね

ゴーゴン
詐欺じゃん笑

tamura
いやほんまに!詐欺ですよ、このサイトみて実物みた人がもし居たなら、思ってたのと違うぞって思わはったと思います。
なんか申し訳ないなと。

ゴーゴン
写真ってそういうものだからね。

tamura
そういう事です、そのへんはまぁご愛嬌という事で…(何がご愛嬌なんや…)

ゴーゴン
そういえば初めて心霊現象みたいなのがありましたね笑

tamura
ドアと足音のやつですね、たしかに足音はほんまに鮮明に聞こえましたし、ドアがガラガラって開く音とかも二人で聞いてますしね。
まぁ風の音でしょうけどね。

ゴーゴン
あの時、誰か入ってきたんだと思って二人で声を殺して、ゆっくり見に行ったけど誰も居なくて…
俺が霊なのかな…と言ったらtamuraさんが「あー霊なら大丈夫ですね、撮影続けましょう」と真顔で言ったシーンが忘れられませんよ笑



古都コトきょーとの管理人について
tamura
平成3年生まれ、京都在住のアウトドア好き。趣味は登山/夜景/旅/スキー/キャンプ/Web制作など。Olympusユーザー。インコなど鳥が大好き。夜景山岳会所属。美しい所か人の居ない所に出没します。

メールフォームプロフィールを詳しく





古都コトきょーと