TOP-image
2018.06.02

西別院町犬甘野 - 西日本一の蛍の乱舞スポット

夜景情報

西別院犬甘野
美しさ ★★★★★
5月下旬~6月上旬
京都府亀岡市
ゲンジボタル
蛍の故郷コンサート
MAP:京都府亀岡市西別院犬甘野

西別院町犬甘野のホタル

 こんにちは、tamuraです。

 数年ぶりに別院のホタルを見に行ってきました。最後に行ったのは2015年でしたが、あまりの人の多さに「もう穴場ちゃうやん…」とうなだれて帰った記憶がありましたが、久々に行ってみると、さらに人気スポットになって整備までされていました。

 せっかくやってきたのですが、湿度はいい感じなものの、気温が低くホタルはほぼ飛んでおらず…、5~6年前に初めて訪れた時の10分の1、20分の1…いや、もっともっと少なかったような気がします。

 ここからは過去の写真。

 2014年撮影。合成していますが、とんでもない数の蛍がこの区間に集中的に飛び回ります。風流とか関係ありません、迫力です。

 反対側の橋から見た様子。奥に民家の光が写ってしまっているのでほとんど写っていませんが、同じくらい見えます。ベストは奥の橋ですが、こっちのほうは光が近く立体感があります。川の奥に人影があるんですが、実際はそこまで川の形がわかるほどの光っています。正直、ここを見てしまったら他の蛍スポットに行っても全く感動しなくなってしまいました。京都で有名な清滝や哲学の道、蛍岩なんかと比べものにならないほど飛んでいて吃驚します。写真で見ても伝わる良さではないのでぜひ実際に行ってみて下さい。

 2013年に撮影したもの。2013年のほうが5倍位の量の蛍が飛んでたような気がします。

 犬飼川の昼間の景色。

 蛍は水のきれいな場所に住むといいますが、実はこの川非常に汚い。というかゴミまである。 綺麗すぎてもダメで養分の多く含む水が必要なのです。ここは周囲が田んぼになっており栄養満点の水が流れています。見に来る人の層は家族連れや大人のカップルが多く、落ち着いた雰囲気です。

感想

 西別院町犬甘野に流れる犬飼川周辺は西日本一の蛍乱舞スポット。観賞場所が橋から橋までのおよそ50mほどのみの一点集中型で、その狭い空間に何千ものえげつない数の蛍が飛び交う。米原やほかの関西の有名な蛍スポットに比べ、あまり知られておらず穴場な為、人の数は少なくのんびり撮影、観賞ができるの素晴らしい。

アクセス

 西別院町犬甘野へは京都市内から1時間ほど。縦貫道を沓掛から亀岡ICまで行き、国道423号線を大阪方面に進んでいきます。ずーっと南下していきごっついヘアピンを越え道なりに進むと大阪 池田直進、能勢右折(府道732)の看板が出てくるのでそれを右折。あとは道なり。

HOME 観光 西別院犬甘野

古都コトきょーとの管理人について
tamura
平成3年生まれ、京都在住のアウトドア好き。趣味は登山/夜景/旅/スキー/キャンプ/Web制作など。Olympusユーザー。インコなど鳥が大好き。夜景山岳会所属。美しい所か人の居ない所に出没します。

メールフォームプロフィールを詳しく





古都コトきょーと