TOP-image

京都市右京区太秦「帷子ヶ辻」の由来

「帷子ヶ辻」の地名の由来

 夏の妖怪電車などで知られる京都西部を走る路面電車「嵐山電鉄」に「帷子ノ辻駅」という駅があります。ちょっとした難読地名で観光で京都に来られた方などは何その名前と思った方もおられるのではないでしょうか。京都の事なので「帷子通り(そんな通りはない)」交差点があるのでは?という風にも思えますが、実はちょっとした怖い…?理由がありました。

 平安時代初期、三筆の立役者としても知られる嵯峨天皇の皇后であった橘 嘉智子(檀林皇后)(たちばなの かちこ・786~850年)という人物はお坊さんが心を動かされるほどの美貌の持ち主であったと言われるが、強い宗教観があり、この世には永遠不滅なものはなく執着すべきでないという禅の教えを人々に伝えるため、または自らが餌となり飢えた鳥や獣を救う為「自分の死後、亡骸は埋葬せずどこかの辻に放置し、例え動物に食い荒らされ無残な姿になろうとも哀れと思うな。」という遺言を残したそうです。


画像:竹原春泉画『絵本百物語』より「帷子辻」

 檀林皇后の崩御された後はその遺言は守られ、嵯峨野・化野へと向かう道の途中の辻に亡骸は放置され絵師に白骨化するまでの変化(九相図)を書かせたという。その亡骸を放置した辻を「帷子ヶ辻」といい帷子(かたびら)とは経帷子(経文を書いた白い晒の着物)すなわち死装束の事で、弔いの際に亡骸に着せた着物の事なのです。九相図というのは修行に打ち込むお坊さんを時に強烈に襲う肉体欲・性欲を断つ為、美女を野外に打ち捨て、朽ちていく九段階の過程を描いた仏教画で、坊さんも妄念を捨て修行に打ち込んだと言われるほどそれはそれは強烈な印象を与えました。

 橘 嘉智子の宗教観から行ったこの出来事ですが、一般人には衝撃が強かったのか「獣や烏に食い荒らされる女性の亡骸の幻覚が見える」などという怪異・物語となって話受け継がれるようになりました。

帷子ヶ辻の地図

HOME 京都心霊TOP 帷子ヶ辻の由来


古都コトきょーとの管理人について
tamura
平成3年生まれ、京都在住のアウトドア好き。趣味は登山/夜景/旅/スキー/キャンプ/Web制作など。Olympusユーザー。インコなど鳥が大好き。夜景山岳会所属。美しい所か人の居ない所に出没します。

メールフォームプロフィールを詳しく





古都コトきょーと