TOP-image
2015.04.02

片島魚雷発射試験場 - 大村湾に浮かぶ戦争遺跡

片島魚雷発射試験場の外観

廃墟の情報

片島魚雷発射試験場
魚雷発射台
場所 長崎県
建設 1918
廃墟化 1942
MAP:長崎県川棚町三越郷川棚町三越郷151-1

片島魚雷発射試験場 - 大村湾に浮かぶ戦争遺跡


軍艦島へいく途中、せっかくなので片島の魚雷発射試験場にもよってみようと、そのぎ東に乗る前にR205の三越入口交差点を南に進み片島へ向かう。

片島というのは現在は半島になっているが、昔は名の通り島だったものを陸続きにするように埋め立てられ現在の姿になったそうだ。

車を止めるスペースがないので適当にとめようかと思ったが、たまたま近くにいた農家?の方に試験場の場所を聞いていたら敷地内に駐車していいよと言って頂いた。

あのトンネル(上の写真)をくぐっていくのですか?と聞いてみると、あのトンネルからでも反対へ出れるようだが普通は山道を歩いていくという。

懐中電灯があれば危険だがトンネルからでもいけるそうだ。

山の上にある監視所?というのもあるとおしえて頂いたので山側からアクセスする事に。
分岐がありますが、それを右にいけば魚雷発射所。今回は先に展望所へいくので左の山道を登っていきます。
一番上まで歩くこと5分ほど。草木に埋もれかかったコンクリートの建物を発見した。これが監視所なのか?
当然のことながら扉もなく中へ入り放題。
中へ入ると小さな部屋のみ。これは二階建てなものか床が抜けこのような状態になったのか?
1階と2階の境目に床があったと思われる跡がある。
はしごを登ると大村湾が一望出来る。
山を降りて分岐を海側へ行くと大きな建物が現れる。魚雷収蔵施設でここに魚雷が保管されていた。
現在は天井が撤去されたのか中は植物が茂っている。
タイルなどは現在も残っているので不思議な間隔になる。
奥の部屋。二部屋で構成されており奥のここが保管庫だったのかもしれない。
保管庫の海側には小さなタワーがある。
作があり入れないようになっていますが、地元の方はここへ入り込み釣りをしているというので僕も入ってみることに。
大丈夫だとは思うが床が抜けそうで怖い。海が嫌いなのだ。
目の前まできてみるとレンガが見える。切り込みを入れたようにレンガが見えていたり、もともとの構造が分からない。左に目をやると、さっきまで見つけれなかったメインの建物があった。
中はレンガ作りでなんだかレトロ。このタワーは実験発射された魚雷を監視する監視所だったそうです。
 丸い窓が印象的だったが空が曇っていた為外がきれいに映らなかった…。
上を見上げるとなんとも言えない廃教会のような雰囲気。
入って右側は壁がなく海が覗ける。コンクリートにレールのようなものがある。
次はさきほど見えていた監視所へと向かう。母が岩がすごいと騒いでいた。
 目の前まできてびっくり。床がごっそり抜けているではないか…。諦めようかと思ったが右側のコンクリートを歩いて恐る恐る進んでみる。バランスを失うと落ちてしまうので慎重に…。
そうして現れたレゴブロックのような形をしたこちらも監視所だというが、朝霧に包まれ後ろになにもないのでなんとも不思議な光景が広がる。もともとこの建物にかかる橋があったというが今は崩れ落ち海へ沈んでしまった。船に乗り込み中へ侵入を試みる者もいるそうだ。
横がこんな感じになっているのでいけん事もないが、今回は船がないので泳ぐ事もできず諦めた。

古都コトきょーとの管理人について
tamura
平成3年生まれ、京都在住のアウトドア好き。趣味は登山/夜景/旅/スキー/キャンプ/Web制作など。Olympusユーザー。インコなど鳥が大好き。夜景山岳会所属。美しい所か人の居ない所に出没します。

メールフォームプロフィールを詳しく





古都コトきょーと