TOP-image
2016.01.25

森の廃洋館

森の廃洋館 室内

廃墟の情報

森の廃洋館
廃屋
場所 ー
建築 不明
廃墟化 不明

森の廃洋館

 森を奥へ奥へ…。

 この日は天気が悪く、朝の冷たい雨でずぶ濡れになりながら歩く。

 廃墟マニアには笑われるほどビビリは我々には、雨は外の世界と自分たちの心を隔てるちょうどいい壁になっていた。

 注意しなければならなかったのは、廃洋館といえばお決まりのアレがいた事だ。

 インターネットで見かけて行ってみたいと感じたが、実際に訪れるといい意味でも悪い意味でも少し印象は違った。

 悪い意味…というのはさておき、良い意味というのは、思っていたよりも廃墟であった事。廃墟としてまだ新しいのではと思ったが、これは紛れもなく廃墟であった。

 内装は、外観のルネッサンス風とは対照的に和風で要所要所に洋風が混ぜ込まれている。

 こういった建築は主に明治や大正に裕福層の間で流行していた日本風の洋館で、この建物もそれくらいの建築時期ではないかと思われる。

 床などはフローリングや絨毯で、何度かリフォームや増築は行っている感じだった。

 洋館内には部屋が沢山あり、和室、洋室が入り混じっている。

 この部屋のダイヤル式の電話機にかかれている、この家の電話番号と思われるものは、30年ほど前に変更になった旧市外局番のものだった。

 大広間は、木漏れ日が差込心地の良い空間。

 大きな屏風に描かれている山々の景色。

 階段は赤いカーペットが敷かれていている。

 その先にあるのは広い洋室。

 ここに日本人が暮らしていたというのはちょっと信じられない。

 オルガン。

 今回はカメラの電池が少なくて、ISO値あげたりフラッシュたいたり…、露光時間短くしていたので、もっとじっくり撮影したいなぁ。

 天井から床まで作り込まれていますね。

 隣の寝室。おそらく崩壊したのか、撮影の為にだれかが物をはこんだのか、色々と変わっていました。

 フラッシュで撮影したもの。

 開放感のある廊下。

 その先は、家主の婦人のものと思われる寝室がある。

 壁にはここの主と婦人の記念写真が。

 子供の人形や表彰状など。


古都コトきょーとの管理人について
tamura
平成3年生まれ、京都在住のアウトドア好き。趣味は登山/夜景/旅/スキー/キャンプ/Web制作など。Olympusユーザー。インコなど鳥が大好き。夜景山岳会所属。美しい所か人の居ない所に出没します。

メールフォームプロフィールを詳しく





古都コトきょーと