TOP-image
2017.03.25

本覚寺(詐欺寺)- 霊視商法詐欺で解散し廃墟となったアジト

詐欺寺の位牌倉庫

廃墟の情報

本覚寺(詐欺寺)
廃寺
場所:奈良県
建設 1987
廃墟化 2002

本覚寺(詐欺寺)- 霊視商法詐欺で解散し廃墟となったアジト

 ここは本覚寺というお寺の廃墟。廃墟が好きな人の間では”詐欺寺”と呼ばれています。

 1987年、千葉県で水子菩薩を扱う訪問販売会社を経営していた男性Nが、宗教ビジネスに花を咲かせようと京都・醍醐寺の末寺として茨城県太子町に宗教法人「本覚寺」を設立した事に始まります。

 翌年には、真言宗醍醐派を離脱し、東京都台東区の寺務所総本部を中心に、関東でチラシを配り格安(3000円)相談を装い相談者を募っていました。

 相談者が現れると僧侶による霊視を行い、不安を煽るような事を伝え供養料・祈祷料として数百万の支払いを要求していました。

 相談者が金額に驚くと、「祈祷・供養をしないと、あなたの悩みは深くなる、家族に祟りが起こる」などと説得、それでも「お金がない」というと「借りてでも支払え、生命保険を解約して支払え、家族とお金どっちが大切なんだ!」と強く支払いを要求され、「家でよく考えて見る」などと悩む素振りを見せると、「今すぐ決めないと大変なことになる」、「人に相談している余裕など無い」と、その場での支払いの同意を求められたといいます。

 相談者は、その場の異様な雰囲気に飲み込まれたり、悩みを打ち明けた霊能者にもっともらしく言われる事で、結果支払いに同意してしまうという、典型的な詐欺の手口に次々と引っかかっていったのです。

 階段は長く、寝起きの体力では息も上がってしまうほどでした。

 下を見ながら、手すりに手をかけゆっくりと階段を登っていると、急にふわっとした感触があり、目を上げると僕の手はブラジャーを握りしめていました。

 こんな所にブラジャーが?後で説明しますが、ここはブラが沢山あることからブラ寺とも呼ばれているのです。

 長い階段を終えると、詐欺事件の舞台となるお寺が現れました。

 何億という金額を相談者たちからむしり取り潤っていたのか、寺はとても立派です。

 実際にこの地を拠点にして、霊視鑑定を行い、根拠もないありもしない事で相談者を煽り倒し、多額のお金を搾り取っていました。

 半強制的に説得させられ、多額の金額支払うも、後日家族や親戚と相談すれば絶対おかしいと言われますよね。当然の如く消費者センターに大量の苦情が寄せられ、損害賠償請求が次々と起こった為、一時的に活動を休止となりました。

 1992年、損害賠償の支払いなどで追い込まれ、更なる利益を得るべく、和歌山県海南市にあった廃寺の明覚寺を買収し、活動の拠点を茨城の本覚寺から明覚寺に拠点を移します。

 本来、明覚寺は京都・勧修寺の末寺でしたが、Nが明覚寺住職になる事により、真言宗山階派(勧修寺)から離脱して独立し、寺の目的を本覚寺と同じくするように規則を変更していきました。これにより、明覚寺は代表、役員、目的ともに本覚寺と同一の宗教団体となり、茨城の本覚寺は、関西では明覚寺と名前を変え、同じように詐欺行為を繰り返していく事になります。

 その際に、本覚寺が捨てられた訳ではなく、和歌山の本山に対し、本覚寺は研修道場として残されました。

 その後Nは住職から供養本山建設後に真言宗覚王院門門主となり、寺の事はYに任せ、横浜に僧侶育成院を開設し、大勢の僧侶に「供養料システム」を叩き込む事に専念していきます。

 もちろん、僧侶には宗教活動の一つであると教え、詐欺行為である事とは知らずに教え込まれていました。

 時系列はこちら。

 最終的には名古屋の満願寺で詐欺容疑で僧侶が愛知県警に逮捕されます。その満願寺とは被告Nが養成した「供養料システム」を実行していたお寺です。

 この逮捕により、強制捜査が入り、満願寺に出入りしていた全国の明覚寺系のお寺などに操作の手が入りました。

 その後、僧侶は執行猶予で釈放されていきましたが、名古屋満願寺の指導をしていたとして、N門主、明覚寺Y管長、本覚寺S管長と幹部数名が逮捕される事になります。

 その後は幹部数名と本覚寺S管長が釈放、1999年にN門主は懲役6年、Y管長は懲役3年という判決がくだりました(実刑はNのみ?)。

 これにより多くの信者が不信に思い、教団から去っていく事になります。

 その後2002年1月に和歌山地裁により解散命令が出されました。宗教団体の解散命令は地下鉄サリン事件のオウム真理教についで2例目となります。

 本堂の内部。キンキラの舞台で教主が胡散臭い説法でも行っていたのでしょうか。

 本堂の横にある3階建ての建物は沢山の残留物が残されています。

 大広間には押収された大量の証拠品が並べられていましたが、現在は荒らされこのような姿に。

 セミナーやイベントのときの記念写真。

 白装束で修行を行なっていたのでしょうか。これらも醍醐寺で学んだ大峯奥駈修行の見よう見まねのまがい物なのかもしれません。

 僧侶がマイクを持って何か喋っています。怪しい声しか聞こえませんね。

 ちなみに僕の家は浄土真宗を信仰していると共に、母親方の祖母が信仰している新興宗教に入信しています。

 物心がついた時から、その宗教に関わる機会が多く、怪我や悪い事があると祝詞(のりごと)を唱え「おきよめ」と言われる手かざしをされていました。

 小さい頃はそれが当たり前で、お清めをされると悪いところがよくなると本気で思っていましたし、入信可能な10歳になると当たり前のように入信説明会をうけ、晴れて組み手(信者)となりました。

 ところが年齢を重ねるにつれ、疑問に思うことが沢山生まれてきました。団体の中で上級に登るためには、沢山の人を説得し入信させ教団に貢献しなければなりません。

 「児童の集団下校の際にトラックが突っ込んできて、沢山の児童が亡くなったが、唯一組み手だった男の子は奇跡的になんの怪我もなく生還した」

 「治るはずもない病気にかかっていたが、毎日毎日患部に手をかざすすことに寄って奇跡的に治った」

 というような信者が体験した奇跡などを説明し説得していきます(もちろん教団の本にも書いています。)。様々なバリエーションがあるのですが、どれも「良くある悪い出来事」+「信者のみ助かったor奇跡が起こった」というパターン化されており、事実かどうか確認することもできません。

 被害者名ののる事件当時の新聞でももってきてもらって、助かった唯一の一人本人がその場に来るならまだしも、そういう事を問いただしても誰も説明できません。本に書いてあったから。それが全てなんですね。疑う素振りをみせると嫌な顔をされるか、大人になりなさいと諭されます。

 疑いもなく信じる事が偉いこと、本にかいてある事、教団の上級者の言うことは必ずしも正しいと思うように、マインドコントロールされる訳です。

 今でも家族が月々に払う光代金500円を支払って居るため信者扱いとなっていますが、僕自身は活動は行っていませんし、家族以外の他の信者との関係はもっていません。やめたいと言っても不安がられてやめさせてもらえません。うちの家族は宗教をやめると不幸が起こるとマインドコントロールされているのです。

 また、大体は身近な人から説得し、入信させるタイプなので、親戚ぐるみで入信しているという事も多く、親戚・家族トラブルがあるので組織をやめにくいという特徴があります。実際に僕も軽くですが祖母に脅されてますからね。

 今回、この詐欺寺を散策していて、自分の入信している教団の事が頭をよぎりました。

 うちの宗教でもこの写真のように皆で仲良く集まりを行っていました。皆優しくて、食べ物を持ち寄ったりして分け合ったり。僕がまだ小さくわけもわからない時は……、楽しかったな。

 山のように積まれた当時の記念写真や、資料など。

 霊体験のインタビューカセットテープ。こういうのを高く売りつけていたんでしょうか。

 叶う道。こういうビデオから着々とマインドコントロールが始まっています。

 このお寺の通帳がずらり。どれも今はない銀行だらけですね。

 富士銀行→みずほ銀行

 第一勧業銀行→みずほ銀行

 三和銀行→三菱東京UFJ銀行

 さくら銀行→三井住友銀行

 通帳を開いてみると、多額の預金が。ときには1億やを超え4億といった数字もありました。

 訴状。明覚寺(本覚寺)グループが訴訟を起こされた時の書類です。

 この訴状の中にはこの本覚寺が働いてきた悪行の全て、弱みにつけこまれ財産を奪われた被害者たちの被害の内容が生々しく記されています。

 この女性は、ご自身の命が危ないと脅され、先祖の供養代で3500万円を支払ったのだという。

 この建物にはさらに奇妙な部屋がいくつか存在します。

 この部屋には男性の名前と住所が書かれた紙があちらこちらに貼られています。本人が来れば恐怖でおののくことでしょう。

 床の間には薬瓶の写真がずらり。

 どうやらどこかの廃墟で薬瓶などレトロな物を盗み、インターネットオークションで出品していた所を廃墟マニアに見つかり、証されてしまったという所でしょうか。

 その男性のものと思われるブログやヤフオクのアカウントまでも証されていました。

 現在もそのブログやアカウントは存在しており、普通に更新・出品されていました。気づいたあらへんのかな?

 他にも謎の文章が沢山…

 どうやらこの寺は詐欺寺という名前のほかに森のブラ寺ともよばれていたみたいですね。

 理由がこれ。さっき階段で鷲掴みしてたブラジャーやないか!

 階段の踊場だというのに、天井にプラや大量の紙が。どうやって貼ったんやろ…。

 さらに君の悪い部屋が続く

 こちらは天井に無数にガーターがかけられており、何やら印刷された紙がやまほど壁に貼られています。

 誰がどんな理由でこんな事をしたのかわかりませんが…

 廃墟が荒らされている事はよくある話ですが、廃墟マニア(?)による廃墟のいたずらを見るのは初めてかもしれません。

 鑑定士というのはこのお寺の詐欺霊能力者のことでしょうか。

 明覚寺の袈裟。

 こちらは部屋の中心に高そうな花瓶が。画になるような不気味なような。

 少し離れにこのようなて建物があります。

 中には数百~数千はあろうかという位牌が。これを金箔だと偽り数百万で売っていたそうです。

 棚にズラリと並ぶ位牌を見て思ふ。。。

 「金箔だとしてもたけーよ」

 長年放置され湿気で棚はいがみ位牌はボロボロと崩れてきています。

 一つ一つに名前が記されていて、それだけの数の信者がいたという事が伺えます。

 周囲にもいくつか建物があり、それらは草木に覆われています。

 大量に残された相談申込書。悩んで悩んですがりついた宗教…。

 この1枚の相談用紙から悲劇が始まったのです。

感想・まとめ

 本覚寺(通称:詐欺寺)は祈祷料・供養料の名目で悩める人から大金を奪っていた詐欺集団のアジトでした。今でも多くの書類が放棄されており、過去のこの寺の実態や被害の様子などを調べることができます。

 本覚寺は詐欺寺として残りましたが、明覚寺は関西での詐欺行為の損害賠償金を支払う為、N氏が再び幹部へと返り咲き、そのまま16億かいくらかで売却してしまったそうです。

 その他の道場も賃貸などを利用していたため引き払われ、元本山であった本覚寺のみが廃墟として残りました。

 新興宗教に入っている身として、やはり感慨深いものがありました。この本覚寺から始まった事件も、オウム真理教から始まった事件も、二つの解散命令が出された教団は共に教祖が利益の為、地位名誉の為に狂った行為を行ってきました。No.2以降は真意を知らないのです。

 大昔に出来た仏教やキリスト教のような宗教は教祖の考えを確かめようもありませんが、それと同じように、信仰宗教も教祖が亡くなった後は、真意を知らないNo2以降全ての団員が良かれ悪かれ一宗教として後世に受け継がれていきます。

 かたや逮捕される教団、かたや永久に手を拝まれる宗教、何が違うのでしょう。日本人は皆、御守の効果を半信半疑で購入していますよね。100万の供養料はあかんくて、500円の御守は良いのでしょうか?窃盗は1円盗んでも1億盗んでも罪の重さは同じです。

 オウム事件やこの事件が起こった事で、日本人の宗教に対する不信感はより一層高まってしまいました。

 この日本に脈々と受け継がれている、由緒正しい宗教であっても、もしかしたら開祖には、金儲けの野心があったのかもしれません。我々と同じ人間ですから。


古都コトきょーとの管理人について
tamura
平成3年生まれ、京都在住のアウトドア好き。趣味は登山/夜景/旅/スキー/キャンプ/Web制作など。Olympusユーザー。インコなど鳥が大好き。夜景山岳会所属。美しい所か人の居ない所に出没します。

メールフォームプロフィールを詳しく





古都コトきょーと