TOP-image
2017.04.03

住友大阪セメント伊吹工場

住友大阪セメント伊吹工場

廃墟の情報

住友大阪セメント伊吹工場
工場廃墟
場所:滋賀県
建設 1952
廃墟化 2003

住友大阪セメント伊吹工場

 かつての大阪セメント伊吹工場の跡地の廃墟です。関ヶ原から長浜に向かう時にたまたま通りがかっておもわず寄ってみました。

 元々はセメント工場で、多くの建物などがありましたが、現在は取り壊され、多くのコンクリート製の建物だけが残されています。

 取り壊し途中といった感じのまま取り残されているものも。

 そびえ立つ煙突。

 背後には日本百名山の伊吹山がそびえます。

 煙突に開いている大きな穴

 残されている数少ない機械類。石灰石の選別とかでしょうか。

 コンクリート建物の中

 発電所廃墟のような感じです。

 2003年に操業停止となったそうです。

 何か文明の遺跡のような感じ?

 大きなタンク

 中には大きな機械が残されています。

 それにしても巨大な廃墟。解体前はさらにデカかったんでしょうね~

 スタビダスト1と書かれています。石灰石の置き場?

 ところどころに雨水がたまっていて、注意しなければハマってしまいそうです。

 機械ごと水没しています。

 こちらにもタンクのような建物が二棟。

 これらのコンクリートは解体されることはないのでしょうか?

感想・まとめ

 伊吹山の麓を走っていると見える巨大廃墟。元はセメント工場の跡地で、建物などがありましたが、現在は解体されコンクリートの建物のみが残っている状況です。広大な土地に残る解体途中のまま残された廃墟群は奇妙に見えます。


古都コトきょーとの管理人について
tamura
平成3年生まれ、京都在住のアウトドア好き。趣味は登山/夜景/旅/スキー/キャンプ/Web制作など。Olympusユーザー。インコなど鳥が大好き。夜景山岳会所属。美しい所か人の居ない所に出没します。

メールフォームプロフィールを詳しく





古都コトきょーと