TOP-image
2017.03.25

日光ウェスタン村 - 西部劇を舞台にしたテーマパーク廃墟

日光ウェスタン村の園内

廃墟の情報

日光ウェスタン村
廃テーマパーク
場所 栃木県
建築 1974
廃墟化 2006

日光ウェスタン村 - 西部劇を舞台にしたテーマパーク廃墟

 栃木県日光にある西部劇を舞台にしたテーマパークの廃墟「ウェスタン村」にやってきました。

 1974年に開業し、西部開拓時代のアメリカの世界観をテーマにした施設が並び、西部劇のショーが行われていました。

 開園当初は人気があったそうですが、入場料2400円という金額が高かったのか、人気は低迷。2004年には1500円に値下げ、2006年に休園となりました。

 その後は休園中を引き伸ばしを発表しましたが、土地は差し押さえとなり、中の施設も廃墟化、従業員も解雇されている為、実質閉業状態なのです。

 人形が沢山…、妙にリアルな作りなので見つけた一瞬ドキッとしました。

 「Gun shooting」とかいてます。ここから撃つんでしょうか。

 この時、建物の中からガッシャーーーン!という物音が聞こえ、ヤンキーたちがぞろぞろと出てきました。

 どこから来たん?と聞いてみると、この近所の学生たちで、関西から来た事を伝えると、この廃墟がそんなに有名だという事にビックリしていました。残念ながら僕らが変わっているだけですけどね…。

 俺たち訛ってますか?と聞かれましたが、まさにお笑いのU字工事のようなアクセントで、関東でも東京からたったこの距離でこんなに訛ってるんですね。

 西部劇の酒屋に出てくるような雰囲気です。

 ゲームセンター。なつかしのゲーム台がずらりと並んでいます。

 ダンスやレースゲームなど。

 叩くやつ?おっさんの脳天に穴が空いてるのが気になりますね。

 球投げゲーム。

 なつかしのパチンコ台。Dragon Feverというらしい。

 横たわったきぐるみ。数々の肝試しで訪れたヤンキーの相手をしてボロボロに疲れています。

 今回、やってきていたヤンキー達にも軽くしばかれていました。

 刑務所。ブロックアートがかっこいい雰囲気出てます。

 ウェスタンショー。映画館のような感じですが…

 舞台はこんな感じになっています。うつむいた人形が不気味な雰囲気を醸し出しています。

 小さな町の家は写真撮影館やバーや銀行や刑務所など様々な施設・アトラクションになっています。

 西部劇に出てくる治安の悪い酒屋?お尋ね者が暴れた跡のように荒廃しています。

 記念撮影所。着替えが何十着もズラリとあります。

 郵便局にいた人形。

 目が凹んでいて不気味…、もはやゾンビですね。

 ミステリーハウス。床や壁があべこべです。

 銀行?

 牢屋とベッドには人形の下半身が。

 それを監視する保安官が怖い!

 真っ赤な馬車。

 倒れている謎のおっちゃん。腹が空いていて「100円入れて下さい」とかかれています。中は機械が入っていて、当時は首や胴体が動いていたと思われます。

 野外のウェスタンショー。ここではガンマン達の派手なアクションが繰り広げられたそうです。

 かなり多くの人を収容できそうですが、最後の方はほぼほぼ人は居なかったのだとか。

 西部開拓時代の村の街角って感じ?

 教会の廃墟。キリシタンの墓標もあってリアルな感じ。ちょっと不気味ですね。

 なぜか巨大なバッファロー。

 園内をこれで移動していたのでしょうか。

 夢国籍バイキング!様々な国の料理が食べれたのでしょうか。

 Coofee Rodeo

感想・まとめ

 ウェスタン村は日光にある西部開拓時代のアメリカをテーマにしたテーマパークです。イベントエリアやアミューズメントエリアがあり、豪華な内容ですが2006年から久延寺、実質廃墟となっています。

 地元では有名な廃墟・心霊スポットとなっている為、荒らされ方が酷く、まさに抗争がおこった後の西部開拓時代の片田舎といった感じで楽しく散策できました。


古都コトきょーとの管理人について
tamura
平成3年生まれ、京都在住のアウトドア好き。趣味は登山/夜景/旅/スキー/キャンプ/Web制作など。Olympusユーザー。インコなど鳥が大好き。夜景山岳会所属。美しい所か人の居ない所に出没します。

メールフォームプロフィールを詳しく





古都コトきょーと