古都コトイメージSmart

強烈なインパクトを残す京都のおすすめ珍スポット8選

京都のおすすめ珍スポットを紹介します!

 こんばんわ、tamuraです!

 京都は日本の観光年としてもメジャーですが、その中に数々の珍スポットがひそかに存在しています。

 メジャーな観光地もおすすめですが、変わった京都も見てみたいという方の為に、京都の珍スポットを色々行ってきた中でおすすめの珍スポットをご紹介します!

1、揚げ物パフェが楽しめる?「からふね屋珈琲店」

 京都の中心街である河原町の一等地に存在するパフェで有名なカフェです。

 100以上のパフェの種類があって、どれを頼んでもおいしいのですが、三条本店には揚げ物パフェなるものが存在します。

  ・ポテトフライパフェ
・ロースカツパフェ
・エビフライパフェ
・ホットドッグパフェ
・からあげパフェ

 はたして甘いパフェに揚げ物はあうのか…?実際に食べて判断してみて下さい!

 詳しいレポートを見る:からふね屋珈琲店の揚げ物パフェ「エビフライパフェ」を食べてきた

2、まさにカオス!だけど世界観に引き込まれる「カオスの間」

 世にも不思議なお店「カオスの間」は、とにかく行ってみなければ伝わらない魅力があります。

 まず入ったらノイズミュージックのような不思議なBGMがかかっており、不思議な店をさらに不思議な雰囲気となっています。

 レトロよりさらに古い、古い商品を販売しているのですが想像の斜め上を行くような商品の品ぞろえ。これらは売り物なのか?というような不気味なものや不思議なものばかり。

 ぜひこの奇妙な空間に訪れて、その魅力を味わってみて下さい!

 詳しいレポートを見る:前衛なのかレトロなのか…「カオスの間」は不思議でヤバい空間でした

3、トイレがプチ秘宝館!?京都昭和レトロショップ 秘密基地

 2015年、突如として京都に現れたレトロショップ。ただのレトロショップではなく、なんと店内のトイレがプチ秘宝館のようになっています。

 それ以外にも店内にはレトロ好きにはたまらないグッズを沢山おいてあり、それらもオーナーの在庫のごく一部なんだとか…。

 レトロ好きには一度は訪れてほしい所です!

 詳しいレポートを見る:トイレがプチ秘宝館!?京都昭和レトロショップ 秘密基地

4、真っ黒で不気味な妖怪ラーメン!でも美味しいよ

 金閣寺の近くには妖怪ストリートと呼ばれている商店街があります。

 「百鬼夜行」の伝説の地であり、それに肖って妖怪の人形が商店街のあちこちにおいてあったり、妖怪商品を提供するお店があったりと一風変わった商店街なのですが、その中でも特に変わっているのは「お食事処いのうえ」さんの「妖怪ラーメン」と呼ばれる真っ黒なスープに紫の麺というインパクト大のラーメンです。

 食べてみると醤油ベースでニラ?の香りが漂っていてとても美味しく、黒の色もクチナシ等の人体に無害な自然由来の着色料を使用している安全安心のラーメンです。

 詳しいレポートを見る:妖怪ラーメンに妖怪コロッケ!妖怪ストリートで妖怪食を食す

5、レトロ自動販売機がノスタルジックな「ドライブインだるま」

 京都府舞鶴市にあるドライブインダルマは、レトロな自動販売機があるのですが、その中でもメインともいえる自動販売機は「CV-10」という川鉄ラーメン・うどん自販機です。

 お金を入れると27秒というスピードでラーメン・うどんを提供するという画期的な自動販売機ですが、味もおいしい!

 舞鶴と言えば海鮮ですが、ぜひレトロ感を楽しみにドライブインだるまへも訪れてみて下さい。

 詳しいレポートを見る:舞鶴・ドライブインダルマのレトロ自販機 川鉄ラーメン・うどん自販機(CV-10)

6、ちょっとエッチなお菓子の詰め合わせ「むらを東三堂」

 お菓子屋さんのむらを東三堂は期間限定で「エロ菓子詰め合わせ」を販売しています。

 内容は本当にストレートな男性女性の陰部であったりとか、胸や唇など。それが意外と盛況でお土産で買って帰る人が多いらしい。

 ちょっとふざけた旅のお土産としてもおすすめです。信頼してる人にあげて下さいね!

 詳しいレポートを見る:むらを東三堂 - 珍ちんおつまみ「よろめき」とエッチチョコ

7、面白おかめ人形コレクションがある「千本釈迦堂」

 桜で有名な千本釈迦堂は、おかめ信仰でも有名なお寺さんです。

 内部にはおかめグッズのコレクションの部屋があり、いたって普通のおかめ人形に隠れて、ちょっとヤラシイおかめが隠れています。隠れている?いや堂々といますね。

 今でいうと卑猥と言われるかもしれませんが、昔は安産祈願や子宝を願う大切なお守りだったのでしょうか。

 詳しいレポートを見る:千本釈迦堂の面白おかめ人形コレクション

8、奇妙な鬼人形が立ち並ぶ「日本の鬼の交流博物館」

 京都府福知山市にある大江山は「酒呑童子」と呼ばれる鬼の伝説で有名な地です。

 その伝説を語り継ごうと鬼の博物館があるのですが、これがまた真面目で奇妙な博物館で、なんやこれはというような人形が沢山・・・。何故か海外の鬼なんかも紹介しています。

 最初はこんな真面目な所が珍スポットなのだろうか?と思ったのですが、訪れてみると紛れもない立派な珍スポットでした。

 詳しいレポートを見る:奇妙な鬼人形が立ち並ぶ「日本の鬼の交流博物館」で鬼伝説を学んできた【福知山】

まとめ

 Deepな京都探索もまた新しい京都の楽しみ方だと思うので、興味のある方はぜひ訪れてみて下さい!

 珍スポットってどんな雰囲気なんだろう…と思われる方もおられるかもしれませんが、こちらから声をかけさせてもらうと気さくに色々教えて下さります。とても居やすい場所が多いですよ!


古都コトきょーとの管理人について
tamura
平成3年生まれ、京都に住むアウトドア好き。趣味は 登山/夜景/旅/スキー/キャンプ/Urbex など。Olympusユーザー。インコなど鳥が大好き。夜景山岳会所属。好奇心が強く、わくわくする所が好きです✨

メールフォームプロフィールを詳しく




古都コトきょーと