TOP-image
2016.03.27

稲取隔離病棟 - 森の中のオレンジ廃病院

稲取隔離病棟

廃墟の情報

稲取隔離病棟
廃墟病院
場所 静岡県
建設 1958
廃墟化 1978

廢墟レポート vol.43:稲取隔離病棟 Inatori Clinic Isolation ward


静岡県の廃友人と伊豆半島にやってきました。

天気も良く海が綺麗で、春先のあたたかな風を感じながら海沿いの道を走ります。ナンバープレートも関東のものが多く、あぁ東のほうに来たんやなと実感します。世田谷ナンバーと杉並ナンバー初めてみました。

伊豆というと熱海などが関東圏のリゾート地として有名ですが、南の方は今や人気も少なくバブル期に建てられたホテルなどの廃墟が数多く存在します。

今回は稲取隔離病棟(東伊豆町隔離病舎)という場所にやってきました。外観を見てびっくり。ボロッボロで中入れるんかな?と不安になりました。


この病院は、昭和33年に開院した主に結核、赤痢患者を主要とした感染症患者の隔離病舎です。

この病院のそばを通る旧国道が、昭和53年1月の伊豆大島沖地震により被害を受け新国道が開通しました。旧国道とつながっていたこの病院も地震災害で営業停止、4年後に熱海の病院と統合され、この建物は取り壊される事なく廃墟となりました。


思い切って中へ入ってみる。


今にも崩れてきそう…。ヘルメット着用して散策します。


立ってるのが不思議な階段の柱。


病院の廃墟ですが、怖いという感じはなく、神秘的な雰囲気が漂っています。


「病室」と書かれているプレートを見つけました。


藁のベッドある!すごい!長崎の蛤診療所に憧れていたのですが解体してしまって、藁ベッド撮影欲を満たせずにいたのですが、ここにきて撮影する事ができましたラッキー。

窓からオレンジ(?)が見えて窓がオレンジのまだら模様になっていました。素敵。


窓の崩壊具合なども木造の廃墟としてベスト!


崩壊の時が近づいてる気がする。


いつ崩れるかわからないのが怖いです。


壁もはがれ外の竹林と同化していってる病室。


トイレ


なんの部屋でしょう。洗面台などもあります。


椅子と洗面台と窓枠。


蛇口がちょっと変わってるレトロな形してます。

感想・まとめ

崩壊の激しい物件でしたが、中は見どころがありました。まさに今崩壊している様を楽しめたと思います。ただ本当に倒壊途中といった感じで危険な所ですので、決して当サイトの真似はしないようにしてください。


古都コトきょーとの管理人について
tamura
平成3年生まれ、京都に住むアウトドア好き。趣味は 登山/夜景/旅/スキー/キャンプ/Urbex など。Olympusユーザー。インコなど鳥が大好き。夜景山岳会所属。好奇心が強く、わくわくする所が好きです✨

メールフォームプロフィールを詳しく





古都コトきょーと