TOP-image
2019.03.23

草叢の遊園地 - 草に埋もれたアスレチック遊園地跡

廃墟の情報

草叢の遊園地
廃遊園地

廢墟レポート vol.129:草叢の遊園地 Plexus fun park

 こんにちはtamuraです。

 今回やってきたのは、とある高原地帯にある遊園地跡地。動物がいたのかずっと何かが歩く音がしていたので、あまり深く散策しておらず簡単なレポートです。

 2000年代に閉業した遊園地で、すでに廃墟となり10年以上が経過しているので全体的に草木が生い茂っており、夏場は散策が難しそうです。

 この遊園地の他には、テニスコート、パターゴルフ場、ローラースケート場、レストラン、喫茶店、売店などなどがありました。

 円形建物の下には、SUZUKIのバイクが放置されていました。

 2000+12が気になる…。2012年に来たって事?しかしこんな所にでもグラフィックアートを書く人が現れるとは驚きです。嫌いではないんですけどね。

 ここで何かが歩く音が…ザクッザクッ…はじめはほかに散策者が居るのかなと思って気にせず写真を撮っていたのですが、誰もおらず多分動物がどこかに隠れているのかも…。

 単独だったので心細くなってきまして…ある程度適当に撮影してさっさと出ていくことに。

 車輪の間から目ッ!

 それはそうと、この遊園地を特定するにあたってとんでもないミスをしていました。最初はまったくわからなかったのですが、ここを撮影していたとある方の写真の端にちらっと知っている山脈が写っていたため、その山脈のピークの間隔と形から方角を割り出してみるとすぐに見つかりました。自分で言うのも気持ち悪いですが、元々僕は山が専門なだけになかなか専門的な特定の仕方をしてフフッと思っていたのですが場所の名称で検索してみると…なんと地図付きの有名サイトがトップに!!なんだめちゃくちゃ有名で、僕が無知だっただけだったんだ…。

 でも廃墟って、自分が知らないだけで本当に沢山ある…、最初に場所を見つけて散策されているような方はすごい…。僕は基本的に開拓というのは行わず、廃墟を見つけたとしてもビビりなのでネット上で誰かが一度入ったという確証を見つけられなければ中には入れません。先人の方々のおかげで僕がおこぼれを撮影させていただいていることを忘れてはなりませんね…。

 この施設の乗り物一覧です。スポーツスライダーやゴーカート、サイクルUFOなど、人力の簡単な遊具が多くとても小さな遊園地です。

 プールだけ中止になっていますね。野外プールなので冬季は封鎖されていたので、冬季~春季あたりに閉業したのでしょうか。

 サイクルUFOにやってきました。空は花粉が舞っていたのか、実際は青空は見えませんでしたがLrでハイライト落とすとぎこちない青空が出てきました。

 とても短くて小さなレールですが、草木に埋もれている様子は、まさに廃墟遊園地という感じで散策していて楽しい場所でした。

 ひっくり返ったカートとサイクルUFO駅。

 サイクルUFO駅に上ってみました。錆び錆びになっているので注意して歩きます。

 二人で漕いで時速5km前後で進むアトラクションだそうです。

 現在も伊豆のサイクルパークなどで稼働しているものがあるようですね。

 こちらはプール。大きいプールと丸い子供用のプールがあります。

 白い建物が更衣室になっていました。

 脇道から坂を上っていくと、ほかの遊具が見えました。

 展望台という看板がありますが、展望地らしきものは見つけることができませんでした。

 大きな屋根をもつこの遊具は…?

 スポーツスライダーというそうです。

 乗り物が見当たらないのと、先が草に覆われているので、全体像がつかめませんでした。

 連絡用の受話器?上にも駅があるのでしょうか。

 利用券売機を発見!

 大人一枚500円、子供400円…って結構高い?

 スポーツスライダーの横にあったアスレチックの入り口。

 上空写真でみるとこの上まで園は広がっていて、入ってみたかったのですが蛇が出るそうなので藪漕ぎする気はありません笑

 トイレの落書き。

 高台から見たサイクルUFO。

感想・まとめ

 こんな田舎の山の中に、まだこんな遊園地の跡地が残っていたのは驚きでした。小さな遊園地ですが、サイクルUFOは乗り物からレールが全て残っていて見ごたえがありました。

 屋外の廃墟といのは、探索していて面白いですね。まったく知らない聞いたこともない廃墟だったので、新鮮で面白かったです。

 営業当時のページを開いてみたのですが、遊園地に関してはペペッと雑も雑に書かれているのみで詳細はなく、この規模の遊園地なので地域に根差した知る人ぞ知るスポットだったのかもしれません。

 散策中に動物がいたのか、ずっと近くでカサコソ歩く音が聞こえていたので、なかなかのんびり散策できなかったので、次は朝か夕方のマジックアワーや夜などに来ても面白いかなとおもいました。



古都コトきょーとの管理人について
tamura
平成3年生まれ、京都に住むアウトドア好き。趣味は 登山/夜景/旅/スキー/キャンプ/Urbex など。Olympusユーザー。インコなど鳥が大好き。夜景山岳会所属。好奇心が強く、わくわくする所が好きです✨

メールフォームプロフィールを詳しく