古都コトイメージSmart
2019.11.04

O工業 - 棺桶を作っていた廃工場

O工業の棺桶

廃墟の情報

O工業
工場廃墟
石川県
廃墟化 2000年頃

廢墟レポート vol.98:O工業 Casket Factory

こんにちは、tamuraです。

今回やってきたのは、石川県の山奥にある棺桶を作っていた工場の跡地です。

棺桶とは、ご存じ亡くなられた方のご遺体を納めて葬る為の箱型の容器で、人間が最後に入る部屋とも言うべきものです。

棺は火葬時に燃えて無くなる為、ほんの一瞬の役目ですが、お弔いから火葬場までの間、遺体を安置する為の重要な役割を持つ道具です。

この工場では、棺の中でも木棺と言われる木製の棺を作っていた工場で、2000年頃に閉業となりました。

以前、大八霊柩車のある廃火葬場に行きましたが、やはり死を強くイメージする施設は、あまりワクワク楽しめません。しかし、お葬式に行った事はあるものの棺桶というものをまじまじと見たことが無かったので興味がありました。

死は必然的であり、不思議な事でも珍しい事でもありません。死を受け入れる準備の一つとして、自分自身が、最後どういうものに入ってあの世へ旅立つのか観察していこうと思います。

木棺工場はヒノキや杉といった木々でできているので、ぱっと見は材木屋のような風景が広がります。

置いてある機械なども、ほとんど材木屋のような設備です。

第一段階はここで、棺桶のサイズに合わせて材木をカットします。

こちらは彫刻をする場所のようですね。

彫刻を施した棺は「彫刻棺」と言われ、一般的な棺より高く数十万円もするものまであります。

板に彫刻を施し、棺の側面や蓋などに張り付けます。彫刻面が多いほど値段も高価になります。

彫刻を近くでみるとこのような感じです。

しっかりと人の手でほられている様でビックリしました。きっと良い棺桶を作っていたのだと思います。

こちらは蓋の部分。

木で容器が作られたら、布で装飾を施していきます。

そうやって出来上がるのが「棺桶」です。

こういった作りての工夫で、遺体は少しでも華やかな姿で儀式の場に姿を現す事ができるのです。

棺の値段は組み立て式の安いもので2~3万円ですが、こういった木製の彫刻棺では数十万円というのは普通でしょう。

お葬式などで披露されますし、最後に入るものだから…、と故人の為、見栄の為などで高価な棺桶を使う事も多くありますが、近年はお葬式自体を安価で済ませたい人も多く、棺桶にお金をかける人は少なくなっているそうです。

私自身、死んだときは遺族に高いお金を出して棺を用意してほしいとは思いません。僕くらいの人間になれば、amazonの段ボール5枚くらいをガムテープで張り合わせた棺で余裕で天国に行く事が出来ますからね。AmazonPrimeも契約してますし。

こうして棺の中に遺体が入ると、「本当に亡くなってしまったんだ」と現実を突きつけられるような感じがしますね。

というか、この人形は昔は別棟の倉庫に置いてあったのに、誰かがわざわざ持ってきたのか?!

現在ではあまり使用されなくなった忌中札が散乱していました。

今でもたまーに田舎を走っているとこういった札や提灯を見る事もありますが、本当に稀ですね。

こちらも人付き合いが希薄になった今では使われる事のなくなった買物帳。

 お悔みの手紙。名前が入っていなくてもドキッとする。

 お悔やみ手紙。

ここの工場で作られていた棺桶の種類でしょうか。

シンプルな白い棺桶や、キリスト教用のものまで様々な棺桶が作られていたことが分かります。

ぽつんとテーブルの上に置かれた神棚。

なんとも悲しい棺桶工場の廃墟でした。

感想・まとめ

 余り見ることのない棺桶の製造過程を見ることの出来る珍しい棺桶工場の廃墟です。これから高齢化がすすめば需要も大きくなると思いますが、田舎にある小さな会社なので後継者が居なくて廃業になったのかもしれません。


古都コトきょーとの管理人について
tamura
平成3年生まれ、京都に住むアウトドア好き。趣味は 登山/夜景/旅/スキー/キャンプ/Urbex など。Olympusユーザー。インコなど鳥が大好き。夜景山岳会所属。好奇心が強く、わくわくする所が好きです✨

メールフォームプロフィールを詳しく




古都コトきょーと

  • 夜景
  • 登山記録
  • 旅行
  • 珍スポット
  • 廃墟