古都コトイメージSmart
2020.01.05

ゴム製造の廃墟工場

廃墟の情報

ゴム製造の廃墟工場
工場廃墟

廢墟レポート vol.153:ゴム製造の廃墟工場 Abandoned factory for Rubber

こんにちはtamuraです!

とある山越えの道を走っていた時にふと目に留まったゴム製造工場の廃墟をご紹介したいと思います。

ここ10年以内に破産しており、一部解体されているものの、現在の状態で長期間放置されているようです。建物の状態から、ここ数年のうちに閉業したとは思えず、実際はもっと前に実質休業状態だったのではないかと思います。

大きな煙突が一本大きく突き出しております。小規模ですが、木造の建屋が古さを感じさせます。

トロッコ用と思われる線路がひいてありました。

う~ん、しばらく嗅いでいなかった廃墟の香り。冬のキンと冷えた空気と廃墟のホコリの臭いはよく似あう。

高さ3mほどはあろうかという大きなボイラがありました。

IHIの呉ボイラというらしい。

呉ボイラの運転の心得。

この時代はまだIHIが「石川島播磨重工業株式会社」だったんですね。製造が呉造船所なのでしょうか。

並んだ圧力計やコック類。

こちらは窯のようなものですが、用途は不明です。

三つ並んだタンクのようなもの。

大きな機械はそれくらいであとは、作業や仕分け、出荷等が行われるエリアに分かれています。

担架のマーク

作業場の風景。安全第一。工場での鉄則ですね!

事務所。ここには多くの残留物が残っていました。

仕上げ場。

細い階段を上っていくと、天井裏みたいなスペースが。

今は色々ととっぱらっていますが、かつてはここで仕上げ作業が行われていたのでしょう。

離れの建屋にやってきました。

炊事場のような場所があったので、たぶん食堂兼炊事場の棟だったと思われます。

感想・まとめ

どういった経緯で破産となったのか、いつから営業していたのかは分かりませんが、後継者不足や建物の老朽化などで再建不能だったのでしょうか。

機械類はまだ残っているものの、そのほかは整理されている所も多く、残留物も比較的少なめでした。



古都コトきょーとの管理人について
tamura
平成3年生まれ、京都に住むアウトドア好き。趣味は 登山/夜景/旅/スキー/キャンプ/Urbex など。Olympusユーザー。インコなど鳥が大好き。夜景山岳会所属。好奇心が強く、わくわくする所が好きです✨

メールフォームプロフィールを詳しく




古都コトきょーと

  • 夜景
  • 登山記録
  • 旅行
  • 珍スポット
  • 廃墟