古都コトイメージSmart
2018.02.19

花坂小学校湯川分校

廃墟の情報

花坂小学校湯川分校
廃校
場所 和歌山県
休校 1989年

廢墟レポート vol.125:花坂小学校湯川分校 Yukawa School

 こんにちはtamuraです。

 和歌山県の山奥にある湯川分校という廃校にやってきました。1989年に休校状態となり、そのまま廃墟化してしまっています。

 小さな小さな木造の校舎で、なぜこんなところに学校が…というような山道に存在していました。

 手を挙げた謎の像が出迎えてくれました。ニノキンの代わりでしょうか。

 廊下には大きなタンクが放置されていました。休校という事ですが、屋根は崩れ床も抜け落ちています。

 校舎の中は暗いのですが、光の入り方がとてもいい感じ。

 こちらは理科室。多くの残留物が残されていて、一つ一つ見ていくと面白いです。

 まず目に入ったのは人体模型。

 バラバラに壊れていてちょっと怖い。

 何気なく撮影した一枚、かえって見てみると人体模型にじっと見られていました。

 もう一つ、ゴム製の人体模型。ぷにぷにとしていて、とても小さく可愛らしい。

 ビーカーが並べられていました。

 薬瓶などもそのまま放置されています。中には割れているものも。触れないように注意しながら散策していました。

 ワニのはく製?作り物?妙にリアルでちょっと怖い。

 馬のはにわ。不気味な残留物ばかりみていたので、こんなんでもちょっと癒される?

 理科室になぜかピアノ。小さな学校なので理科室や音楽室などいろいろな役割を兼ねていたのでしょうか。

 隣の教室は机と椅子が1セットだけ置かれていました。

 職員室。

 物置部屋にあった跳び箱。

 1980年代のサンケイスポーツ。勝ったで!

 こちらはびっくりしたのですが、乾電池だそうで、高さ30cmほどありました。過去にはこんな乾電池もあったんでしょうか?単何?

感想・まとめ

 山間にある小さな小さな分校跡。見た目は小さくて地味な廃校でしたが、中は多くの残留物が残されており見ごたえのある物件でした。個人的には人体模型が見たくて訪れたのですが、思っていたより不気味でいい感じでした。

 巨大乾電池が本物かどうか気になるところです笑 本物だとしたらどんな家電?で使われていたのか、知っている方がおられたら情報お待ちしております!



古都コトきょーとの管理人について
tamura
平成3年生まれ、京都に住むアウトドア好き。趣味は 登山/夜景/旅/スキー/キャンプ/Urbex など。Olympusユーザー。インコなど鳥が大好き。夜景山岳会所属。好奇心が強く、わくわくする所が好きです✨

メールフォームプロフィールを詳しく




古都コトきょーと