TOP-image
2018.02.03

鶴の里鉄塔下 夜景

夜景情報

鶴の里鉄塔下夜景
※山岳夜景(ナイトハイク)
美しさ ★★★☆☆
登山Lv ★★★☆☆
登山時間 20分
登山距離 500m
標高 321m
住所 滋賀県大津市
MAP

鶴の里鉄塔下 夜景


 展望地までの過程に撮影した写真です。参考までにどうぞ。写真はクリックで拡大します。


鶴の里鉄塔下 夜景

 6年ぶりに再び涼さんと、鶴の里鉄塔下の夜景撮影に行ってきました。

 鶴の里の住宅街から音羽山へ登るルートの途中にある関電の鉄塔の下が、鉄塔の建設で草木が刈られ展望可能な場所となっています。

 展望地で涼さんと共に撮影。いつもこんな感じの雰囲気で夜景撮影をしています。

 膳所付近から湖東にかけての素晴らしい眺めです。

 ただ、ここの夜景は目で見るぶんにはとても良い夜景なのですが、撮影するとなると非常に難しいんです。

 琵琶湖最南部という事もあり、琵琶湖に沿って町が創られていたり、琵琶湖にかけるせた大橋があり、それを超えるとまた違う方向に町が伸びている…。筋に統一性がないので、どこをメインで撮影していいのかがわからない…。夜景の評価基準に入れてる夜景の筋の大切さがよく分かります。

 南部は石山方面。夜景が足元から広がっています。うわー

 瀬田大橋のズーム

 びわ湖大津プリンスホテルのズーム。におの浜にある大津のランドマーク

感想・レポート

 鶴の里鉄塔下は大津市の鶴の里住宅街の上にある関電の鉄塔から見える展望地。高さはあまり感じられないが、大津南部から東は草津や栗東、近江八幡までパノラマ度が高く見応えがあります。

アクセス

 JR大津駅から「音羽台交差点」を東進し、「本宮一丁目西交差点」を右折し、大津IC方面へ行きます。大津IC口を越えたらすぐに「こんな(←クリックで確認してください)」案内標識があるので鶴の里方面に右折。道なりに進むと日本電気硝子やびわ湖放送があります。登山口は日本電気硝子の横から入るとあります。駐車スペースがないので、道路上に停める事になります。地図で駐車可能場所を表記してあります。


古都コトきょーとの管理人について
tamura
平成3年生まれ、京都に住むアウトドア好き。趣味は 登山/夜景/旅/スキー/キャンプ/Urbex など。Olympusユーザー。インコなど鳥が大好き。夜景山岳会所属。好奇心が強く、わくわくする所が好きです✨

メールフォームプロフィールを詳しく





古都コトきょーと